読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとんど釣れない釣りブログ

釣れても「釣り」 釣れなくても「釣り」 準備して出かけて、釣りをして 「何かを感じて帰る」 釣りを中心に日常の出来事を記録していこうと思います。

釣りする資格

 

「失格」     橘いずみ (1993)

 

 

 

「去年は野池には行ってないんですか~??」

 

  いえいえ、もちろん行っていましたヨ!!

 

 

2016年 3月

f:id:kohakunushi:20170211164823j:plain

f:id:kohakunushi:20170214143235j:plain

f:id:kohakunushi:20170214143324j:plain

 

2016年 4月

f:id:kohakunushi:20170214143427j:plain

f:id:kohakunushi:20170214143809j:plain

f:id:kohakunushi:20170214144034j:plain

f:id:kohakunushi:20170214144117j:plain

f:id:kohakunushi:20170214144137j:plain

 

 

ゴミをポイ捨てするバカに・・・

 

ルアーを引っ掛けてそのまんま帰るバカ。。。

 

 

f:id:kohakunushi:20170214144237j:plain

f:id:kohakunushi:20170214144323j:plain

f:id:kohakunushi:20170214144540j:plain

 

 

こんなデカいゴミを捨ててくバカまでいます・・・

 

しかも送り状貼ったままだよ・・・

 

どこまでバカなんだ・・・。。。

 

これじゃあ バス釣りする奴らなんて最低な人種だ!!」

 

・・・って言われるワケだよね・・・。

 

 

f:id:kohakunushi:20170214144627j:plain

 

 

住所も名前も携帯の番号も書いてあって、

 

持って帰るの忘れちゃったんなら、近いので届けてあげようかな~?

って思ったんだけど、面倒なので適正に処分しましたよ。

 

〇川市 〇之原 の 〇見〇一 さん

 

 

釣れましたか~~??

 

 

また来てネ!!

 

 

f:id:kohakunushi:20170214145029j:plain

 

 

 

2016年 5月

f:id:kohakunushi:20170214145317j:plain

f:id:kohakunushi:20170214145342j:plain

f:id:kohakunushi:20170214145400j:plain

f:id:kohakunushi:20170214145524j:plain

 

2016年 6月 

f:id:kohakunushi:20170214150106j:plain

f:id:kohakunushi:20170214145602j:plain

f:id:kohakunushi:20170214145729j:plain

 

2016年 7月

f:id:kohakunushi:20170214150436j:plain

f:id:kohakunushi:20170214150353j:plain

f:id:kohakunushi:20170214150619j:plain

 

 

ゴミをポイ捨てするのはバカだけど・・・、

 

ルアーやワームを引っ掛けるのは 「仕方ない」 んじゃ。。。

 ・・・って思ってるヒトもいるかもしれませんね。

 

 

僕の価値観では、  両方とも同じくらいバカ  です。

 

 

 

f:id:kohakunushi:20170214150937j:plain

f:id:kohakunushi:20170214151021j:plain

f:id:kohakunushi:20170214185318j:plain

f:id:kohakunushi:20170214185359j:plain

f:id:kohakunushi:20170214143907j:plain

 

 

釣り人であるあなたは、この記事の写真を見て

 ことさらルアーやワームに目が行ったかもしれません。

 

 

釣りをしない人から見たらどうでしょうか・・・?!?

 

ぜんぶタダのゴミです。。。

 

 

自然から見たらどうでしょうか・・・!?!

 

当然、ぜんぶゴミですよね。。。

 

ゴミどころか、危険な凶器にもなり得るものです

 

 

以前、バサーが引っ掛けて切ったラインが 首に巻き付いて死んだ鳥の記事 を書きました。

 

たくさんの方が共感してくれたんですが、

それでも釣り場はこのありさま。。。

 

 

ゴミはともかく、 ルアーにワーム、

木に鈴なりになったライン

 

 

わざと捨てたんじゃなきゃあイイんですかね!!

 

 

イイとは思ってはないけど・・・、

仕方ないからやってしまってます。。。

 

・・・って人は、あれですか???

 

クルマぶつけられて、

「わざとじゃないから、ゴメンネ!許して!!」 ・・・って言われたら、

そのまんま許すんですか・・・?!?

 

 

寛大な人だ・・・!!!

 

 

 

自然は寛大ですよね。。。

 

空気や水でさえ、自然が作ってくれなきゃあ終わりなのに・・・。

 

 

 

「おまえ、偉そうなこと言ってて、自分はどうなんだよ!!」

 

 

はい ♪  今シーズンは、

 

ラインブレイク ゼロ

 

ルアーロスト ゼロ

 

ワームの水中投棄 ゼロ

 

 

を、達成いたしました!!

 

 

僕のブログを見てくださってる賢明なみなさんには

 あたりまえな事なのかもしれませんが、

 

僕にはなかなか難しくって、

 ずっと目標にしてきてやっと今シーズンに達成です。

 

 

 

まず、ラインブレイク ゼロ について、

 

これはルアーやワームを引っ掛けてラインを切ることと、

 魚に切られることの両方を絶対にしないように心がけました。

 

 

これは、腕に見合った 太いライン を使えばいいだけです。

(ベイトは細くても14lb スピニングは8lb を使っています。)

 

 

最近は釣り具屋でも細いラインを勧めてくるし、

 TVや雑誌でも細いラインでやってますが、

 

自然の中で釣りする以上、何があるかわからないし、

 木の枝に巻かれたり、岩に擦れたり

 

雷魚ナマズ や、 ニゴイや鯉 だったから

 

「仕方ない」・・・ってことでは ない と思います。

 

 

それでも切れない道具だてで臨むのが、

 

自然の中で遊ばせてもらう最低限のマナー じゃないですかね。

 

 

 

 

2016年の元旦は、 天竜川のにじます釣り に行ったんですが、

 ここで対岸で釣ってた人が30センチくらいの小さなにじますで

 ドラグをジージー鳴らし、そのあと50センチくらいのでまたジージー。

 

 うるさいのはガマンするとして、

 さんざんファイトしたあげくに 結局切られてました

 

後日、その方のブログを見てびっくり!! ちゃんと切られた旨は書いてあったんですが、

 それでも 「大成功で満足な釣行・・・」 って書いてありました。。。

 

 

みんなこんなもんなんですかね・・?!?

 

僕なら2週間は食事の度に、

 

「あの魚どうしてるかな・・??」 って思い出し、

 

猛反省してタックルを組みなおし、

とてもじゃないけど「大成功」なんて書けないですけどね。

 

 

放流された魚だから、苦しんでも、死んでも、いいんでしょうか・・?!?

 

 

ルアーのどに引っ掛けて生活してみろ!!

 

 

 

 

 

ルアーロスト ゼロ については、こんな道具のおかげで達成できてます。

 

f:id:kohakunushi:20170214185819j:plain

 

糸巻き部分が写ってませんが、 ダイワのルアーキャッチャー です。

(糸はフライのバッキングラインで延長して、水深20Mの湖にも対応してます。)

 

 

これはホント優れもので、重さと形状が絶妙なんでしょうか、

 ルアーに届いた瞬間に 「コツン・・」っと外れることが多いです。

 

 

もちろんそれで外れなくてもチェーンにフックが掛かって、

 フックを伸ばして回収できるんですが、

 

この 「コツン・・」 で、ワームまで回収できるのは大きな収穫でした。

 岸からの釣りでも何度も助けられましたよ。

 

 

あと、最も助けられたのはやっぱりコレですね。

 

f:id:kohakunushi:20170214185909j:plain

 

磯玉の柄 540 と 600 を使っています。

先端の金具は HIDE UP の根掛り回収ヘッド です。

 

これは岸からの釣りでは特に重宝します。

木の枝だろうが、水中の障害物だろうが、届けば絶対に取れますからね。

 

あとは舟でも活躍しますよ。

舟に積んでない時も、必要な時はクルマまで取りに行って、

意地でも回収して帰っています。

 

 

その日の釣りをあきらめてでも、絶対に回収するぞ!!

・・・って強い意志で回収します。

 

 

美しい自然、魚や鳥たちの住処 に

 

ゴミを置いてくバカ にはなりたくないもんね。。。

 

 

 

 

 

それからこれ、 ワームの水中投棄 ゼロ

 

これについてはみなさん、 どう考えてますかね???

 

 

バスが水中に浮遊するワームを食べてしまい、かなりの数が死んでいる

・・・ってことはご存知のことと思います。

 

ワームの釣りが今のように主流になる以前は、

おなかのへこんだ、異常に痩せたバスはいませんでした。

 

釣りあげたバスがワームを 吐いた のを経験した方も 少なくないと思います。

(どこから出てきたんだ?!この古いブヨブヨのワーム!?・・っていうあれです。)

 

釣られて吐いたり、痩せてても生きてればいいほうで、

たくさんのバスが水中に投棄された ワームを飲んで死んでる んですよね。

 

 

食べるためでも、生活のためでもない。

 

ただ 自分の脳内に一瞬の快感物質を走らせるため

SNS で自慢するため

 

そのためなら、自分が投棄したワームを飲んで、

苦しみながら人知れず湖底に沈んでいくバスがいたってカンケーない。。。

 

コレやってる人は そういう人 です。

 

f:id:kohakunushi:20170214191238j:plain

 

今年も、釣り場でこのワームのこのリグを竿先に付けてる人、 たくさん見ました。

そのたんびに思いましたね・・・ あぁこの人 そういう人 なんだぁ。。。

 

 

 

こんな人でも、 「自然が好きですか~??」 って聞かれたら、

平気な顔で 「大好きです!!」 ・・・とか抜かすんでしょうね。。。

 

 

・・・・・「鬼畜」ですね。。。

 

 

 

 

ボクも、たまにワームを使いますが、

ワームを飛ばさないよう 必ずオフセットフックを使います。 

 

f:id:kohakunushi:20170214191445j:plain

 

で、ここに瞬間接着剤を1滴・・・

裂けかけたワームにも使いますが、新品のワームにも必ず

 

f:id:kohakunushi:20170214191528j:plain

 

これだけで、全然違います。

 

もちろん、フックアップの際にズレてくれないので、

フッキング率は下がるかもしれませんが、

ワームを飛ばす 「ゲス野郎」 にならなくて済みます。

 

 

 

今年の7月ごろの、釣りビジョンの LURE FREAK での小野さん

フローティングフリックで連投連発、釣りまくってるんですが、

投げて、一匹釣る度にワーム飛ばしてました。

 

フローティングだから浮いてくるんだけど拾わず素通り。。。

キャストごとに新しいワームを付けて釣りまくる、

そりゃあいい宣伝になったことでしょう。。。

 

ゲーリーの番組もしかり・・・

ワームを消耗してくれなきゃ儲からないってことでしょうが、

こんなこと普通にやってて、普通に放送されてるのは

やっぱりおかしい と、僕は思います。

 

このへんが、日本でのバスの地位がこうなってしまった 理由のひとつだと思います。

こんなことやってちゃあ、そのうちどの池も湖も、

ヘラブナの池(湖)にされちゃいますよね。。。

 

だ~れもバス釣りやる奴の話なんて聞きませんよ、

プラスチックを大量に水中に投棄するのがあたりまえ、

クソほっそいラインで引っ掛けて釣り場はラインだらけ。

 

 

それで平気な連中・業界。。。

 

 

大会なんかでもさかんに「ゴミ拾い」はやってるみたいだけど、

ワームをさんざん 水中に投棄してる奴 がそんなコトやったってね。。。 

 

 

 

今から35年くらいまえ、

アメリカのバス事情を本で読んで そりゃあ心が躍ったもんでした。

アメリカには釣りに関する省庁があって、官民問わず いろんなバスの団体があり、

たくさんの釣り場がある。

バスは入れて10年くらいで安定期に入り、釣れなくなった池は

また釣れるようにバスをほかに移したりベイトを入れたりして、

常によく釣れる池が近所に存在する状況を作ってくれてる。。。

日本も10年、20年先にはそうなるかなぁ。。。 そう思ってたんですけどね。

 

都合のいいとこだけアメリカっぽくして、

肝心なことはなんにもできてないバス釣り業界、バス釣りメディア。 こ

れからどうなっちゃうんでしょうか・・・??

 

いろいろと言いたいコト書いてしまいましたが、

こんな事考えてるのにそれでもまだバス釣りしてる僕が、

いちばんアタマおかしい!!・・・のかもしれません。

 

 

 

悩みながら、それでも バス釣りは続けていきたい

 

 

 

とにかく僕は、

 

ラインブレイク ゼロ

 

ルアーロスト ゼロ

 

ワームの水中投棄 ゼロ

 

を続けていきます。

 

 

 

できない年もあるかもしれない。

 

 

それでも

 

ラインブレイク ゼロ

 

ルアーロスト ゼロ

 

ワームの水中投棄 ゼロ

 

を 全力で目指す自分であり続けたい と思っています。

 

 

 

 

 

 

釣りをするのに 「資格」 もなにも要らない。

 

 

 

どんな道具だてで、どんな釣りをするのか・・?!?

 

 

 

それを決めるのは、あなたの ひとつです。

 

 

 

f:id:kohakunushi:20170214195518j:plain

 

 

 

 

おわり

広告を非表示にする